製作現場より

c_001

 という道具は、古くは世界中で狩りの道具として独自に発展し、 のちには戦のための武器としてもその土地の人間の体格や用途によって様々に発展を遂げました。 そして日本において弓は、礼節を学ぶ精神鍛錬の場である弓道として独特な発展を遂げ、 日本人の日常生活の中に深く根をおろしています。

c_002

 、日本の伝統文化の見直しの機運の高まりとともに武道の基本である礼節が今日の生活の中で改めて見直され、 その中で永き伝統に支えられた弓道に対しても国内のみならず海外からも高い関心を持って注目されています。

 和弓の製造は、材料である木材の選定から始まります。十分な乾燥を繰り返し、選び抜かれた無節の素材は、 熟練職人の検査を通り、製造工程へ進みます。

c_003

 注文に応じた素材の組み合わせ、研磨、着色等何重にもわたる工程を経て、弊社の弓は作り出されます。

 より良い弓を作り出すため、私どもは常に改良を重ねております。
さらに、新素材への挑戦など、伝統工業でありながら、次を見据えた研究開発に尽力しております。

 私どもは弓具を制作する職人集団であり、この長き伝統文化を支える担い手である責任と自覚を胸に 今後もより一層の研究努力を重ねてゆきたいと考えます。

大洋通商株式会社 大洋弓具製作所 職人一同